飛びつく美味しさ|評判のドッグフードなら安心

飼い主と犬

後悔しないための知識です

遺影

火葬に違いがあります

ペット葬儀で行われることは人間の場合とそれほど違いがあるわけではありません。死亡の確認後に葬儀社へ連絡をして、葬儀では納棺・火葬・骨を拾って埋葬となります。しかし、やはりいくつかペット葬儀特有のサービスなどもあり、あらかじめその違いやサービスについて知っておけば、後悔することなく愛するペットと別れることができます。大きな違いとしては、ペット葬儀の火葬時に「移動式火葬炉」による自宅などでのお別れが出来ることです。移動式火葬炉は火葬炉を載せた車両のことで、多くは軽トラックやデリバリーバンで運用されています。無煙・無臭のシステムになっていて、そのペットの散歩コースや思い出の場所などで火葬することができるところが人気です。ほかにもペット葬儀での火葬は、ほかのペットと一緒に火葬される合同葬があります。これはほかの火葬プランに比べて料金が少し安いのがメリットですが、火葬の立会や骨を拾うことができません。そのまま、合同埋葬されます。反対に個別葬では一体ずつ火葬が行われて、お別れから骨を拾い上げるところまで家族で見守ることができます。拾い上げた骨は埋葬するか、一度自宅に持ち帰ることもできます。ペットの埋葬場所は自宅や自然散骨以外を望むのなら、専用のペット霊園が日本全国の各地にあるのでそこを利用するのが一番いいです。ペット霊園では合同埋葬・個別埋葬・納骨棚などの埋葬方法を選ぶことができて、月に一度の法要をサービスとして行っている所もあります。